カニのキングとも呼ばれるタラバガニは、大きいので1メートルを越えるくらいの大きくオウトツのある体と厚手の脚が特徴で、じつはカニの一門ではなくヤドカリの仲間です。
味は少々淡白のため、テーブルに陳列して華やかさを望んでいる方、大ぶりで食い応えのあるカニで充足感が欲しい方に手広く選び出されています。
また、タラバガニのカニ味噌は別のカニと異なり水気をたくさん含むので、ゆであげると身の方まであふれ出てしまって、旨味を失くしてしまうことになります。そもそも茹でる前に取り払われるので、カニ味噌を堪能したいつもりなら、ズワイガニや毛ガニを選びましょう。
おすすめの食べ方
刺し身、ボイル、鍋

タラバガニのおすすめ商品1 北海道網走水産のタラバガニ

タラバガニのおすすめ商品2

ズワイガニはタラバガニと対比すると体が小さく脚も細いとはなりますが、濃い目の旨味と甘さがあり身もカニ味噌もたっぷりとカニのうま味を堪能出来ます。
ズワイガニは出来によって「本ズワイガニ」「大ズワイガニ」「紅ズワイガニ」に区別され、 いちばんハイレベルな本ズワイカニの中でも、生産地によってさらに「松葉ガニ」や「越前ガニ」という品名に区別されます。
オスとメスでサイズが違うのも特徴で、オスの方がメスよりも割高で売りに出されることが多いです。ズワイガニとはオスの呼び名で、メスはコウバコガニやセイコガニと呼ばれます。
おすすめの食べ方
焼きガニ、ボイル、鍋

ズワイガニのおすすめ商品1

ズワイガニのおすすめ商品2

毛ガニはその名が示す通り身体中に毛が生えていて、オスは最大15cm程度、メスは最大12cmぐらいと別のカニに比べ小さめの大きさです。その代り身の量は少ないのですが、うまみが深くカニ味噌も濃密で美味しいから人気があります。
カニ味噌を楽しみたいとしたら、ためらわず毛ガニを推奨します。ですが、身がやわらかいため鍋にはあんまり相応しくないとのことです。
おすすめの食べ方
塩茹で、蒸し焼き

毛ガニのおすすめ商品1 美食市「毛ガニむいときました。」

毛ガニのおすすめ商品2